イオン導入の効果を最大化させるシートマスクの使い方

そのままでもシートマスクは美容校が抜群

okか

パック剤には色々な種類がありますが、シートマスクとは顔の形に切り取られたシートに化粧水、美容液などを染み込ませてあるフェイスパックです。

化粧水をそのまま塗るよりも、染み込んでいる化粧品の量が断然違うので、肌の保湿対策として人気がありますね。

シートマスクには色々な種類があるので、お肌の悩み別に使うのがおすすめです。

シートマスクは使うタイミングが重要

シートマスクは使うタイミングで効果が大きく変化します。

一番効果を得られるのはお風呂上がりです。入浴直後はお風呂の湿気によって角層の水分量が増え、角層がふやけた状態になります。また、洗顔などで余分な皮脂腺も洗い流されるために皮膚のバリア機能も弱くなっていて、美容成分が肌により吸収されやすい状況になっっているのです。

シートマスクで絶対やってはいけない3つのこと

お風呂でシートパック

しっかり保湿をするためのシートパック、湯船に浸かって毛穴が開いている時に行うことで効果倍増なのでは…!? なんて期待しちゃいますが、実は、お風呂の中で使うことを推奨しているパック以外は、湯船で使うことは好ましくありません。お風呂は老廃物を洗い流すタイミングですので、その最中に保湿や美容液成分を入れても肌は吸収するどころか、排出してしまうばかり。

また、パックでふたをしてしまうことで、本来排出したいはずの老廃物を含んだ汗が再び肌に戻ってしまうおそれもあります。お風呂上がりのしかるべきタイミングに行うのが一番です。(※メーカーやパックの用途によって異なるのでご確認を)

乾ききるまで肌に乗せっぱなし

肌に良い成分がヒタヒタに含まれているシートパック。最後の一滴までお肌に取り込みたいと思うあまり、乾ききるまで肌に乗せっぱなしにしていませんか? たっぷりの化粧水を含んでいることからもわかるように、シートマスクは吸水性が高い構造。貼りっぱなしにしている状態で、シートが乾いてしまうと肌の水分を吸収してしまうため、反対に肌の乾燥を招いてしまいます。

また、ぴったり引っ付いてしまうと、剥がす際に肌を傷つけてしまうこともあるので、10分ほど乗せたら、さっとはがすのが正解。間違えてもパックをしたまま寝てしまわないようにしましょう。

毎日シートパック

ちょっぴりリッチな気分になれるシートパック。毎日行えば、さぞふっくらと潤った肌に慣れるのでは……なんて妄想してしまいそうになりますが、実はあまりおすすめとは言えません。成分がたっぷり含まれているパックは、やりすぎると反対に肌の負担になることがあり、週1~2回の使用が適当とされています。何ごとも「ほどよさ」が大切なのですね。

イオン導入+シートマスクで週一美肌エステ

高級なフェイスシートにはかなり濃厚な美容液が浸されています。
しかし、5分以上つけっぱなしにしておくと、肌の水分をシートが吸収してしまい、
余計に肌が乾燥してしまう、という問題があります。
せっかく濃厚な美容液を肌に入れ込みたいからといって、
長時間つけていればいいというわけではないのです。

そこでちょっとでもフェイスシートの有効成分を肌の奥に浸透させたければ
美顔器のイオン導入機能を使うのが一番なのです。

せっかく高級な美顔器を持っていて、高級なパックをするのであれば
両方ともうまく活用してワンランク上のスキンケアをしてください。

オススメのイオン導入美顔器は低コステで効果も実証済みの美ルルシリーズが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です